ファンキー社長

ソウルの帝王ジェームス・ブラウンをサンプリングしたマンガ「ファンキー社長」のホームページです。気ままに更新中

マンガブログ公開90日で10万PVを達成した5つのやり方

      2016/11/15

Pocket

 
 

スポンサーリンク

 
こんにちは。マンガ「ファンキー社長」作者のJAYです。
 
私はこのマンガブログ「ファンキー社長」で、2015年5月に公開して90日で10万PVを獲得しました。
 
↓マンガブログはこれ
ファンキー社長の就業規則第1話「ファンキー社長の就業規則」
第2話はこちら!第1話の元ネタ解説はこちら!小ネタの宝庫「ファンキー社長の編集室」はこちら!
 
白状すると、そのあとはPVを維持することはできず減少しているのですが、それでもSEO対策などをすることなくある程度のPVを取れる下地をつくったという意味でかなり大きな成果となりました。
 
では私がどうやってマンガブログで10万PVを達成することができたのか、やったことをすべて書きます。漫画家志望の方やマンガブログをやっているという方の役に立てば幸いです(普通にブログやってる人にも役立つかもです)。
 
 

やり方1.漫画はとにかく印刷する!冊子を作って配りまくる

 
写真 2015-04-05 19 39 37マンガブログといっても、より多くの人に読まれることを望むなら必ず印刷したほうがいいです。
 
手に取れるモノにすることによって、名刺にもなりますし、いろんな人・場所に配布することができるようになります(だから、無料で配るのが前提です)。
 
いきなり分厚いモノを作っても金がかかりますし、もらう方も重くて嫌ですからペラっとしたものがいいです。私の場合は、マンガの最初の数話をピックアップしてB6サイズ・8ページの中綴じ冊子をつくりました。
 
印刷用データを作るためにはイラストレータなどのグラフィックソフトが必要ですが、ソフトを持ってない人でもキンコーズリスマチックなどのお店に相談すれば形にしてくれるでしょう。近所に無ければネット印刷を使うといいと思います。
 
私はプリントパックをつかいました。調子こいて500部も印刷したので2万円ほどかかりましたが、今でもケチらなくてよかったと思ってます。
 
お金がなければカラーコピーをホチキス留めでもいい(ZINEというやつですね)ので、とにかくモノを用意することが大切です。
 
 

やり方2. 漫画に関係する場所に出向きまくる

 
漫画の内容に関係ある場には積極的に出向きました。漫画を配ったり置いてもらったりするためです。
 
私の場合はファンクの帝王ジェームス・ブラウンをサンプリングしたマンガだったので、「ソウルバー」というソウルミュージックがかかるバーや、クラブなどを中心に配布しました。
 
これがスポーツ漫画ならスポーツバーや小規模なスポーツ施設とか。恋愛モノなら飲食店や洋服屋など全般的にいけるんじゃないでしょうか。ただ失礼のないよう、きちんと関係性ができた上で相談した方がいいかもしれませんね。
 
すごくありがたかったのは、マンガのツイートを見つけてくれたソウルバー「ストーン」さんからメッセージをいただけたことです。もちろん、すぐに足を運びました。
 
また、先輩のツテを頼ってディスクユニオンという大手の中古レコードショップでも配布してもらうことができました。
 
このように、自分のマンガと親和性の高い場所をチョイスして行くと、面白がっていろいろと良くしてくれますよ!これはマンガの強みですね。
 
ちなみに、ツイッターのフォロワーに向けて無料で郵送、というのもやってしましたが、こちらはあまり効果ありませんでした。
 
ただ、これもありがたいことに書店やイベントで配布してくださるという方が多くいて下さり、そのご協力のおかげでPVや認知度をあげることができました。
 
 

やり方3. botを作る

 
サイトを立ち上げる前に、たぶん読者になってくれるだろうな〜という人(見込読者)を集めておくことができます。
 
そのために使えるのが「bot」です。
 
twitterで自動的につぶやいてくれるロボットで、無料で簡単に作れます。
 
私は「ジェームスブラウンbot」を作りました。ただし、どうでもいいことをつぶやいてもフォロワーは増えないので、ツイートの内容はしっかり練りこみました。
 
まずは100ツイート分を用意しました。誤った内容をツイートするのもダメなので、情報源にはこだわり、引用元などがある場合には明記しました。自分で確認できたものしか載せていません。そのためフォロワーから「これは違うのでは」と指摘があってもオドオドせずに説明できました。まあ、本当に間違えてたこともあったのですが。
 
で、フォロワーが増えたら自分のマンガツイートをbotにリツイートさせます。それだけで、ジェームスブラウンにある程度興味をもっている方々に読んでもらうことができます。
 
まあ、そのためには先にbotのフォロワーをそこそこ増やしておかなければならないのですが、その増やし方はこちらの記事をご覧になった方がよいかと思います。
 
 
といっても私もフォロワー200とかで漫画を公開し始めてますので、別に大したことはないです。地道にやっていればジワジワ増えます。
 
 

やり方4. 影響力のある人の力を借りる

 
「他力本願かよ!」と突っ込まれるかもしれませんが、私が10万PVをわずか90日で突破できたのは結局のところ、この影響力ある人の力をお借りした結果でした。
 
ソウルミュージック評論家の吉岡正晴さんにインタビューいただいて、その記事が拡散されたことが一番の要因だったのです。
 
 
もちろんボーッとマンガを公開しているだけではこうした巡り会いはありませんでした。
 
先に挙げたソウルバー「ストーン」さんで知り合ったお客さんたちとのつながりができて、ご紹介いただけたわけです。
 
こればかりはご縁という感じですが、ただその中でも一つだけ意識していたことがあります。
 
それは「営利目的で漫画を描かない」ということです。漫画の印刷も発送も全部、自腹を切ってやっています。サイトの運営にもお金がかかっていますが、こちらは広告収益でまかなっています(トントンです)。これがもし一攫千金狙いでやっていたら…ここまでのご協力は得られなかったかもしれません。
 
 

やり方5. 時流に乗る

 
時流。乗れるなら乗ったほうが絶対いいです。これは本当に偶然なのですが、私がマンガを公開し始めたときはジェームス・ブラウンの伝記映画「ジェームス・ブラウン〜最高の魂をもつ男〜」の日本公開と重なっていました。
 
そこで前述の吉岡さんの紹介記事が公開されました。ちょうどジェームスブラウン自体がタイムリーなトピックスだったので、ネタを探していたであろういくつかのwebメディアに取り上げていただき、さらに多くの方にマンガブログを見ていただくことができました。
 
一番大きかったのは音楽ニュースサイトamassさんに取り上げていただいたこと。これでめでたく10万PV突破と相成りました。
 
 

マンガブログ公開90日で10万PVを達成した5つのやり方 まとめ

 
と、こんな感じでトントン拍子に10万PVを突破したマンガブログ「ファンキー社長」でしたが、結論をいえば「バズっただけ」とも言えます。
 
ただ、上で紹介した「印刷する」「出向く」「botをつくる」という3つの行動のうちどれか1つでも欠けていたら、実現できませんでした。
 
で、実際に10万PV到達を経験してみて思うのは、やっぱりマンガブログの本質は「マンガの面白さ」だな、ということです、当たり前ですが。
 
SNSを上手く使ったりSEO対策したりも運営上大事なことではありますが、それだけだと当然「そこそこ」の結果しか得られないということを実感してます。やっぱり面白いマンガを描かないと、結局は伸びないんですよね。
 
くれぐれもアクセスアップ自体が目的になってしまわないように、しっかりと考えながらマンガブログを運営していきたいですね。
 
最後になりますが、よかったらファンキー社長も読んでみてください!Twitterなどもやってますので、併せてご覧いただければ。よろしくお願いします。
 
ファンキー社長の就業規則第1話「ファンキー社長の就業規則」
第2話はこちら!第1話の元ネタ解説はこちら!小ネタの宝庫「ファンキー社長の編集室」はこちら!
 
 

 - ブログ運営